検索
  • あいおい法務行政書士事務所

賃貸借契約に関するルールの見直し

 引続き、法務省発行のパンフレットを参照しながら、民法改正(2020年4月~)についてお話したいと思います。

 賃貸借契約についてですが、ご存知の通り賃貸人(貸主)がある物件(不動産・動産)を賃借人(借主)に使用・収益させて、借主がその賃料を支払うことを約束する契約ですね。

 例えば、アパートや車などを賃料(リース代)を払って一定期間借りるような契約です。

 それで、例えば借りているアパートなどの建物の一部が壊れて修繕が必要な場合だとしても、建物は貸主の所有物ですから借主が勝手に修繕することはできません。でも借主にとっては、屋根や壁が壊れているのに自分で修繕できないのは困りますよね。

 改正前の民法では、どんなケースのときに借主が自分の判断で修繕できるのか決めた規定がありませんでした。

 そこで改正後の民法では、借主が貸主に修繕が必要だと通知するか、または貸主がそのことを知ったにも関わらず相当の期間内に修繕をしてくれない場合、或いは急迫な事情がある場合(台風などの災害が迫っているなど)には、借主が自分で修繕することができることとされました。この場合、借主が自分で修繕したとしても、貸主から責任追及されないことが明確になりました。

0回の閲覧

富山県行政書士会所属 

登録番号 第06242074号

あいおい法務行政書士事務所  

 特定行政書士 

 申請取次行政書士 茶谷昌宏

富山県内はもちろん県外からの申請手続も承ります。産業廃棄物の積み・卸しには、
その両方の都道府県の許可が必要です。
 対象;富山県、石川県、福井県、
    新潟県、岐阜県、長野県、
    愛知県、ほかご相談に応じます。
まずは、お気軽にご相談ください。
〒930-0075
富山県富山市相生町1番22号
TEL / FAX : 076-411-7005
  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey