検索
  • あいおい法務行政書士事務所

夫婦間における居住用不動産の贈与

 引続き、民法改正に関してお話したいと思います。今回は、2019年7月1日にすでに施行されている部分です。

 婚姻期間(結婚期間)が20年以上の夫婦間で、居住用不動産(住んでいる建物またはその敷地あるいはその両方)に関して遺贈(遺言で残すこと)あるいは贈与がなされた場合、原則、遺産分割において配偶者(例・妻)の取得分が増えることになります。

 どういうことか?と言いますと、改正前民法では、被相続人(例・夫)が生前に妻に居住用不動産を贈与したとしても、夫が亡くなった際の遺産分割ではその居住用不動産は贈与がなされなかったものとみなし、改めて預貯金等及びその不動産も含めた総財産を法定相続分で分けるという仕組みでしたので、妻と子が相続人だった場合、妻は先に贈与を受けた不動産を遺産の対象として戻され、それを含めて子と2分の1ずつ分けるというものでした。

 このたびの改正では、20年以上連れ添った妻に遺贈や生前贈与で贈った居住用不動産は原則として遺産分割の対象とはせず、残りの預貯金等の遺産を改めて法定相続分で分けるという仕組みになりました。これで亡くなった夫の、長年連れ添った妻に不動産の贈与等をしたいという本当の意味での趣旨に沿った遺産の分割ができるようになりました。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

特別寄与制度の創設について

引き続き民法改正についてお話したいと思います。 今回は特別寄与制度の創設(2019年7月1日施行)です(法務省パンフレット参照)。 改正前の民法でも「寄与分」についての制度はありました。例えば被相続人の長男がその被相続人よりも先に亡くなっていた場合、残された長男の妻が被相続人の介護を真摯に行っていた(具体的には、施設・病院への送迎や費用支払、自宅での実際の介護・実費支払等)場合でも、その相続分は上

遺留分制度の見直しについて

しばらくぶりに、引き続き法務省パンフレットを参照しながら民法改正についてお話したいと思います。今回は、遺留分制度の見直しについてです。(2019年7月1日から既に施行されています。) 遺留分を侵害された相続人は、遺言によりなされた遺贈や生前贈与を受けた者(受遺者)に対して、遺留分侵害額に相当する額の「金銭」での請求をすることができます。 そして、その受遺者が前記相当額の金銭をすぐに準備できないとき

自筆証書遺言の保管制度

引続き、自筆証書遺言に関する法律創設のお話です(法務省パンフレットを参照)。 2020年7月10日に施行されます「法務局における遺言書の保管等に関する法律」についてですが、手続の詳細内容は施行されるまでの間に政省令で定められます。 制度の概要としましては、自筆証書遺言を作成した遺言者本人が、法務局(法務大臣指定~遺言書保管所)にその遺言書の保管申請手続をすることができます。 遺言者本人が亡くなった

富山県行政書士会所属 

登録番号 第06242074号

あいおい法務行政書士事務所  

 特定行政書士 

 申請取次行政書士 茶谷昌宏

富山県内はもちろん県外からの申請手続も承ります。産業廃棄物の積み・卸しには、
その両方の都道府県の許可が必要です。
 対象;富山県、石川県、福井県、
    新潟県、岐阜県、長野県、
    愛知県、ほかご相談に応じます。
まずは、お気軽にご相談ください。
〒930-0075
富山県富山市相生町1番22号
TEL / FAX : 076-411-7005
  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey